<大井町の飲み屋> 
昭和40年代はキャバレー天国だった大井町。 
大井町で一番有名な杯一(ぱいいち)、杯一さんは、大阪屋さんというディスカウントショップの隣にありました。10坪くらいのところで、うどんとおそばを作っていたんですね。杯一食堂が、東口にありまして、そこで出すのを作っていました。社長さんが長靴はいて毎日、毎日作っていました。そして、キャバレー杯一が、できた当時は、40坪くらいでした。隣へ隣へと広げて最後にはだいぶ大きいものになりました。そして、大井町から鶴見、大宮などへ店舗を増やして行きました。先見の明があって努力の人でした。キャバレーは合間、合間にショーがありまして、今日は、歌手のだれが出るとか、落語家が出るとか。いろんな方が、総勢・・200人くらい見えていました。また、青江三奈さんや瀬川瑛子さんも大井町に住んでいました。瀬川伸さん(瀬川瑛子の父)と親子で紅白に出たのが例がないということで、地元では話題になりました。

<大井の知名人>
萩原朔太郎 [詩人]大正から昭和に活躍した詩人・大正14年西大井6丁目13番地に住んだ。
伊藤 深水 [画家]大正8年~昭和5年南濱川(南大井)に住す。
井上  靖 [小説家]昭和24年~28年森前町(西大井1ー11)
北条  誠 [劇作家]昭和4年度・大井第一小卒  当時第一小の脇(大井6丁目)に住す
高村智恵子 [詩人高村光太郎の妻] ゼームス坂病院(南品川6−7−28・東芝中央病院の前身)で52歳の生涯を閉じた。「レモン哀歌」の歌碑がある。

<芸 能 界>
月形龍之介(時代劇俳優)                
東山千恵子(新劇女優)                    
近江 俊郎 (歌  手) (元三ツ又、大井映画劇場館主)   
三沢あけみ 東京の小野学園に在学中の昭和35年、東映のニューフェイスに合格。
      北大路欣也さんの相手役でデビュー。
真田 広之(下沢宏之)(映画・演劇俳優) 大井第一小卒      
郷 ひろみ(歌  手) 山中小・伊藤中卒   
清水 国明 (タレント)